彼氏と音信不通、私はどうするべき?

ライター:KK

 

音信不通になるとこちらからアクションを起こせばいいのか、彼氏からの連絡を待つべきか悩みます。

 

復縁に繋げたいからこそ、円満に音信不通を解消したいですね。

 

音信不通を手っ取り早く解消するためには、こちらからアクションを起こした方がいいかもしれません。

 

その対応について考えていきましょう。

音信不通の原因を考える

まず音信不通の原因を考えてみましょう。

 

喧嘩が発端であったり、私生活や家族に問題が起きていたり、急病であったり…などの可能性が考えられます。

 

最後に会ったり連絡を取ったりした時の態度や発言、状況を思い出しましょう。

 

喧嘩であったり彼氏が不満をもらしていたりしませんでしたか?

 

そういった場合は距離をあえて置いている可能性があります。

 

私生活に問題があったり、急病だと精神的にまたは物理的に連絡が難しいのかもしれません。

 

「私のことを嫌いになったから音信不通なんだ」と結論付けずに様々な可能性を考えてみましょう。

 

経緯や理由によってアプローチ方法が変わってくるので原因を探ることが大切ですね。

彼氏の状況を確認しよう

連絡を絶っているとはいえ、SNSや共通の友人を介して彼氏の状況を得られる場合がありますね。

 

まずはSNSや共通の友人に確認してみて、危険な状況であったり、携帯が壊れたのかなど確認してみましょう。

 

もし彼氏のご家族とフランクに連絡を取り合える関係の場合、そちらを優先して情報収集すると楽です。

 

上記で原因を様々考えていきましたが、彼氏の状況が見えた場合には、音信不通を解消するヒントやきっかけが増えますね。

自分はどうしたいのか?

彼氏と音信不通になった場合「どうすればいい?」と抽象的な気持ちが先行しているかもしれません。

 

しかし冷静に考えて、「自分は彼氏とこれからどうなりたいのか」というのを考えるのも大切ですね。

 

付き合っていきたいのか別れたいのか…。

 

結婚をした後、関係性になんらかの問題が起きた場合、別居をして物理的な距離を置くという方法を取る人もいます。

 

円満な関係を築きたいからこそ、いったん冷却期間を置くという選択肢もあります。

 

もちろん音信不通を解消してこれからも今までと同じく付き合っていくという選択もありますね。

 

別れるか別れないかの二択であっても解決方法や着地点は選択が何通りもあります。

 

ですので着地点をどうすべきかという点は、自分の気持ちを固めた後に考えましょう。

音信不通解消のためのアプローチ

喧嘩や彼女に対する不満があって音信不通になった場合、1週間〜1ヶ月の冷却期間を設けるといいかもしれません。

 

自分や相手の悪いところが嫌になっている場合、冷静に考えると「そこまで怒ることじゃないかもしれない」など落ち着く可能性もあります。

 

私生活に問題があって連絡を絶っていた場合は、まずは彼氏の心配をしましょう。

 

音信不通になっていたときのこちらの気持ちを開口一番に行ってしまうと弱っているメンタルに拍車をかけます。

 

落ち着いて接してもらえるような空気つくりをすることが大切です。

音信不通を繰り返さないために

何回も音信不通にされていたら参りますね。

 

そのために彼氏の性格や気持ちを理解した上でどういった付き合い方をするのか話し合うことも大切です。

 

恋愛の温度差を埋めるのはなかなか難しいものですが、お互いに譲歩していけば上手く付き合っていけます。

 

一方的に合わせたり求めたりするのではなく、お互いが合わせて擦り合わせていくことが大切です。

音信不通解消に向けて

以上のように音信不通といっても彼氏側にも様々な可能性が考えられますね。

 

自然消滅につながる不安が大きいと思いますが決してそうではありません。

 

さみしかったり、不安であったり、怒りを感じたり…。

 

彼女としても音信不通をする彼氏に対して思うことは様々あるかと思います。

 

それらをぐっと堪えて円満な音信不通解消を第一目標として頑張りましょう。